ランドセルで最高の気分

ランドセルは、江戸時代に軍隊で採用された背嚢が始まりで、明治時代に学習院初等科が使い始めたことが、現在のような小学生に使われるようになった最初でした。

RSS 2.0

ランドセルの始まり

日本全国で小学生が背負っているものといったら、ランドセルですね。

小学1年生に上がる時には、ランドセルを買ってもらうと、子どもも小学校に対する楽しみが一段と増すものとなるでしょう。

このような小学生の象徴ともいえるランドセルですが、いつ頃からランドセルを背負うようになったのでしょうか。

そもそもランドセルの始まりは、江戸時代の幕末の頃、日本に西洋式軍隊制度が出来上がった時、背中に背負っている背嚢が軍隊で使われるようになったところに起源があるといわれています。

そのため、ランドセルというネーミングも、オランダ語の「ランセル」がなまってランドセルになったという説もあります。

軍隊用のランドセルが小学校に使われるようになったのは、1885年(明治18年)の学習院初等科が始まりと言われています。

学習院では、生徒が馬車や人力車で通学するのを禁止するとともに、通学しやすい鞄を見直す必要があると考えて、ランドセルを採用することにしました。

当時は、リュックサックのような形でしたが、今のような形になったのは、1887年(明治20年)、時の内閣総理大臣であった伊藤博文が、大正天皇の学習院入学の際に、お祝いとして特注で作らせ献上したものが、今のようなランドセルの形であったところです。

こうして明治時代に小学生に使われ始めたランドセルですが、全国に普及するようになったのは、昭和30年代以降で、その後は一気に広がっていきました。

最初は天然皮革のものがほとんどでしたが、昭和42年に人工皮革のクラリーノが発売されると、クラリーノがランドセルのメインの素材となるようになりました。

子供に優しいフィットちゃんランドセルオンラインショップなら最新モデルが揃っています。